わんといっしょ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/04/24 [Mon]

ラスベガス旅行[1] 1日目・出発~到着

3月3日、中部国際空港(セントレア)から出発。
と空港でいきなり出発危機勃発。簡単に言うと、私の愚行で相方の逆鱗に触れ「旅行やめて帰る」と一悶着。なんとか収まり無事に旅行はできたわけですが。はいはい、私のせいですよ

今回の旅行は某会社主催の招待旅行でして団体旅行になります。
集合場所に集まり搭乗券やら受け取ったあと別室で説明会もありました。100人以上いたかな。うちらは2班で前日に出発の1班と翌日出発の3班があり合計400人ほどの参加だそうで。

午後4時前、ユナイテッド航空で乗り継ぎ地のサンフランシスコへ向けて出発。
追い風で予定より早い8時間半ほどのフライト。それでも長い。エコノミー席は本当に狭くて居心地悪いね。まぁ貧乏人だから文句言えないですけど。シートは後ろから2番目の真ん中の通路側。トイレが近いから通路側でよかった。
シートにひとつずつモニターが付いていて自分の好きな映画を見れました。でも日本語吹替え&中国語字幕でなんとも。とりあえずサラ・ジェシカ・パーカー主演の「ファミリー・ストーン」を見始めたけど、やっぱり吹替えになじめずチャンネルをちょこちょこ変えて「ミスター&ミセス・スミス」「ハリポタ炎ゴブ」など見てました。

機内の一番の楽しみはやっぱり食事よね!(エコノミーだから知れてるけど)

060303_0000.jpg
機内食1
出発して1時間ほど経ってから出てきた。
ビーフとチキンから選べたんだけど、最後の方だったのでビーフしか残ってなかった。甘めのデミグラスソースがかかったビーフステーキ?でした。チキン食べたかったなぁ。
デザートはチーズケーキ。

060303_0001.jpg
機内食2
到着の少し前に出てきた。
卵のサンドイッチとフルーツの軽食。
エコノミー食だからね。こんなもんでしょ。

狭いシートで体を痛めながらも少しは睡眠できたかな。
ようやくサンフランシスコ国際空港に到着。

060304_0003.jpg
現地は朝の7時頃。雨が降ってたみたいで濡れていた。雲の位置が低いなぁ。

ラスベガスへ行く飛行機の出発まで4時間もある。そんなに何をしてればいいんだよ~。とりあえず何か食べておこう。

060304_0002.jpg
空港内のデリで軽食。
クラムチャウダーとハムとチーズのサンドイッチ。
サンドイッチの味がイマイチでした

免税店をぷらぷら見たり、あとはベンチに座って時間つぶし。無駄な時間だなぁもう。
でようやくラスベガスに向けて出発!
今度は一番後ろの窓側のシートでした。

060304_0005.jpg
サンフランシスコの街並みを眺める。

1時間ちょっとのフライト。途中でドリンクサービスがあったけど、注文を聞かれた直後に機体が激しく揺れてドリンクサービス中止になって飲ませてもらえませんでした後ろの方の席は絶対損だ!

マッカラン国際空港に到着。いよいよラスベガスです!

060304_0009.jpg
Welcome to Las Vegas!! 気分が盛りあがるね!

060304_0010.jpg
空港内からもうスロットマシーンがある。さすが。

この空港すごく広くてターミナルから荷物受け取り場までモノレールに乗って移動。すごいね。ガイドさん引導だからいいけど、個人旅行だったら迷いそう。

空港からバスに乗り込み、昼食に市内にあるレストランへ向かう。
何を食べさしてくれるんだろ~とワクワクしていたら中華ですと。アメリカに来ていきなり中華ですかい。

次回へ続く→
スポンサーサイト
2006/04/24 [Mon]

ラスベガス旅行[2] 1日目・バス移動~昼食

空港からバスに乗り込み、ラスベガス市内を走り昼食のレストランへ向かう。

何を見ても新鮮!

060304_0012.jpg
遠くには山が見える。あの向こうにグランドキャニオンがあるらしい。

060304_0013.jpg
大きな看板とか目につく。けっこう渋滞。

060304_0014.jpg
ピラミッド型のルクソールホテル。

060304_0015.jpg
あー、これこれ。うちらの泊まるモンテカルロホテルですよ。裏っ側。

060304_0016.jpg
アメリカ国旗がなびいてる。セブンイレブンもあるね。

で着いたのがなんだか閑散とした一角にある中華レストラン。
ガイドさんいわく、日本人の口に合うおいしい中華、らしい。ほんまかいな。

060304_0017.jpg
アメリカ来ていきなり中華っていうのもどうなの~という気分です。

060304_0019.jpg
スープ、麻婆豆腐、茄子炒め、牛肉の野菜炒めなど
見た目からして…

060304_0021.jpg
とりあえず少しずつ取って食べてみましたが…。あまり口に合いませんでした

060304_0022.jpg
上海風焼きそばだそうで。
・・・・・・これは去年食べた富士宮焼きそばの上を行く○○゛さ

060304_0024.jpg
炒飯とゴマ団子もでました。品数は豊富でしたけど、残念ながら私達の口には×でした。周りの人達もあまり箸が進んでなかった様子。
どうせならもっとアメリカンな店か、せめて日本食レストランに連れて行ってくれればよかったのに。

と、のっけからテンション下がってきちゃったけど気を取り直して。
バスでラスベガスの中心のストリップ(大通り)を通ってホテルに向かいます。

次回に続く→
2006/04/24 [Mon]

ラスベガス旅行[3] 1日目・モンテカルロホテル

午後3時頃。
ラスベガスの街の中心を南北に走る大通りラスベガス・ブールバード、通称ストリップには巨大なテーマホテルやショッピングセンターなど立ち並んでいる。昼食の中華レストランは北の方にあり、モンテカルロホテルは南の方にある。バスの車窓から街並みを眺めながら大渋滞のストリップを通りホテルへ向かう。(先ほどのレストランでテンションが下がってしまい、全く写真撮ってません。)

ホテルの部屋の準備がまだできてないという理由で、ホテルの向かいにあるヨコハマオカダヤという免税店に連れて行かれる。(準備できてるできてないに限らず最初からその予定だったに違いない。いいけどね)
ここで携帯電話に着信履歴があるのに気付く。家からだ。なによ、もうディオに何かあったのか?と急いで電話。日本は朝の9時頃。母がノンキに「ディオおりこうさんにしてるよ~」だって。それならいいんだけど。まだ一日目じゃん。あともよろしくね。

そしてようやくホテルにチェックイン。と思いきやぞろぞろと連れ立って朝食の場所やら両替所やらの場所の説明に連れて行かれる。巨大なホテルだけあってそれだけで時間もかかるし疲れる。やっと開放されて部屋にイン。

060306_0012b.jpg
MONTE CARLO HOTEL & CASINO
名前の通りモナコの「Place du Casino in Monte Carlo」をモデルにしたホテル。私にとってモナコと言えばF1なんだけどね。

060306_0004.jpg
白亜のホテル。ヨーロピアンな感じで上品。

060306_0009.jpg


060306_0007b.jpg
このホテルには世界的マジシャンのランス・バートンの専用シアターがあります。
明日、見ますよ~♪
ランスさん、ちょっとイケメンですな

060305_0259.jpg
夜のライトアップはこんな感じに

060305_0258.jpg


060304_0025.jpg
客室。もちろんスタンダードですよ。
全部で約3000室あり、私たちは6階の端っこのほうでした。もっと上がよかったなぁ。

060304_0026.jpg
大きいふかふかベッド
早く布団に入って眠りた~い。けどまだまだ寝れませんよ。ただいま午後4時半頃です。

さて、今晩の夕食は招待会社主催のウェルカムディナーです。
集合が18時50分。それまでのあいだ何しましょう。
ペットショップに行っちゃいましょう

次回に続く→
2006/04/24 [Mon]

ラスベガス旅行[4] 1日目・ペットショップ~ディナー

そういえば、ラスベガスが私の長年の憧れの地だったということをまだ書いてなかったのでここで簡単に書いておきます。
10年ほど前のこと。元々テーマパークや遊園地が大好きだったので、街ごとテーマパークというラスベガスに憧れた。多分その頃両親がラスベガス旅行に行ったことも影響したと思う。るるぶのガイドブックを買ってきて毎日眺めてはラスベガスにトリップしてました。
しかし当時は第一次アトピー大激悪化期(ご存知の人もいるが第二次は2~3年前のこと)で廃人状態だったので、海外旅行なんてとても行けるはずもなく夢に終わった。その1年後くらいにエルを迎えてからワンコ生活中心になり海外旅行のことなど頭にもなくなった。ワンコも一緒に国内旅行で十分!
10年近く経ち、今回ラスベガス招待旅行の話が持ち上がった。アトピーもだいぶ落ち着いてることだし、両親もディオの世話を見てくれるし、独学だけど英語の勉強もやっていたので力試しになるし、何より憧れの地アメリカ・ラスベガス!このチャンスを逃す手はない、と行くことに決めました。
海外旅行は10年ほど前のオーストラリア以来2度目です。
海外旅行初心者、小心者日本人の数々のバカぶりがうかがえます


では旅行記の続きをどうぞ→


夕食の集合時間までの2時間ちょっと。少しでも時間を有効に使わなくては、とペットショップに行くことにした。
ペットショップまではバスかタクシーで行ける。でもバスだと時間が心配なのでホテルからタクシーで行くことに。場所はトロピカーナアベニューとイースタンアベニューの角。あらかじめ住所と地図をプリントアウトしておいたので、ホテルのタクシー乗り場にいるホテルマンのお兄さんにここに行きたいと紙を見せたら、タクシーの運転手にも説明してくれた。(もちろんこのホテルマンにもチップが必要。しかも交代時らしくもうひとりお兄さんが来て二人でどーのこーのやったので2人に払った)
アメリカで初タクシー。変なとこ連れていかれないかドキドキしながらも、帰りはバスに乗って帰る予定なのでバス停がどこにあるか、バスはどんなのかなどチェックしていた。約20分ほどで無事にペットショップに到着。運転手にチップ込みで16ドル払う。

060304_0029.jpg
PetSmart
ペット用品の大型チェーン店。
小規模のホームセンターくらいの大きさで店内は広々商品たくさん。

060304_0028.jpg
たくさん商品があったけど、ほとんどは日本で見かけるものが多かったかな。インターネットでも輸入品買えるしね。正直日本のショップの方がかわいくてセンスあるものが置いてあるなと思った。ハウスなど人間も住めそうな超超特大サイズがあり、フードも超ビッグサイズが並んでいてさすがアメリカと思った。
犬猫の販売はなかったけど小動物や爬虫類はいました。
30分ほど大急ぎで見てまわり、ディオのハウス用のベッド(クッション)やオモチャとおやつ、そして英語の勉強にとしつけの本を購入。

060304_0030.jpg
トロピカーナアベニューとイースタンアベニューの交差点。
ホテルに帰るにはトロピカーナ通りのバス停から乗らなきゃ行けないのに、方向を勘違いしてイースタン通りにあるバス停に行ってしまった。201というCATバスに乗らなきゃいけないのに、バス停に201と書いてないけど大丈夫かなぁ、どうしようと思いながらもここのバス停で合ってる(ここはトロピカーナ通り)と思い込んでいたのでベンチで20分ほどバスを待つ。辺りも薄暗くなってきて、人通りは少ないし、ちょっと怖系の兄ちゃん(黒いファンキー系だったので勝手に怖いと決めつけ)がやってきて心臓バクバク。ようやくバスが来て、運転手にストリップ方面に行くか聞いたら向こうのバス停だと言われた。ここでやっと自分が通りを間違えてることに気付く
(ほら写真の右側、信号の下の横に細長い標識にTROPICANAと書いてあるでしょ。標識に向かって(写真で車が走ってる通りがそのまま)トロピカーナと勘違いしたんですよ。)
急いで本当のトロピカーナ通りに走る。あー、向こうにバス停がある!しかもバスがもう来てる!これを逃したら夕食に間に合わなくなっちゃう!と猛ダッシュで走りなんとかバスに乗り込めた。バスの料金は一律1.25ドル。二人で2.5ドル。タクシーより断然安い。
バスの中は地元の人ばっかりのようで、なんか怖い。なるべく目を合わさないように、かばんをしっかり抱いてひたすら降りる場所を待つ。
MGMグランドホテルの前のバス停で降車。ふぅー、なんとかストリップにたどり着けた。もう安心よね。相方にイヤミを言われましたが、ちょっとした冒険でスリルあって楽しかったじゃ~んと誤魔化しといた。

辺りはすっかり暗くなってストリップはネオンで煌めいていた

060304_0036.jpg
左はホテル・ニューヨークニューヨークのブルックリン橋。
その向こうがモンテカルロ。
右側奥はホテル・パリスのエッフェル塔。
ダウンタウン方面(北)行きの道路は大渋滞。

060304_0038.jpg
ニューヨークニューヨークの自由の女神像。
奥はホテル・エクスカリバー。

060304_0034.jpg
MGMグランドホテルの巨大ライオン像。

もっとネオンを眺めていたかったけど、集合時間がせまっていたので急いでホテルに戻る。なんとかギリギリ間に合いました。
2階にあるホールでのウェルカムディナー。披露宴会場のようでした。隣にちゃんとチャペルもあるみたい。

060304_0041.jpg
生演奏もあり結構豪華でした。
主催会社社長の話が長いっての。

060304_0047.jpg
食事はバイキング式で好きなものを取って食べれます。
でもあまり品数は多くなかったような。

060304_0048.jpg

060304_0049b.jpg
ケーキがプチケーキも合わせると20種類くらいあった。
どーんとパイとチーズケーキとチョコケーキを盛ってきた。
うおー、アメリカンにこってりどっしり甘い。

1時間半ほどでお開き。
ようやく解放されました~。これからはフリータイムで個人行動できます
明日は個人手配しておいたグランドキャニオン&モニュメントバレーツアーです。朝5時すぎに集合なので今夜はおとなしく部屋に戻って早く寝ます。
部屋は照明が少なくて薄暗いのなんの。部屋にとじこもらないでカジノに行きなさいって魂胆なんでしょうね。シャワーが固定式で使いにくい上、しかもものすごい水流?水圧?で轟音。一風呂あびるのも苦行のようでした
明日は4時起きです。モーニングコールもちゃんと頼んで10時頃就寝。おやすみなさい

次回に続く→
2006/04/24 [Mon]

ラスベガス旅行[5] 2日目・GC&MVツアー出発

3月4日(土)
本日はシーニック航空催行のグランドキャニオン&モニュメントバレー日帰りツアーに参加します。
日本であらかじめ予約手配しておきました。2人で896ドルとけっこうなお値段のツアーです。最初はグランドキャニオンだけのツアーの予定だったけど、欲が出てしまいモニュメントバレーも行くツアーにしちゃいました。二度と行く機会がないかもしれないからね。
ラスベガス―グランドキャニオン―モニュメントバレーの距離は、日本で言うと東京―名古屋―大阪くらい。これを1日で見て回るというのだからかなりハードなスケジュールです。まずラスベガスから軽飛行機に乗ってグランドキャニオンに行き、少し観光したらすぐ飛行機に乗ってモニュメントバレーへ飛ぶ。そして帰りもまたグランドキャニオンの空港に燃料補給に寄ってからラスベガスへ。というふうに合計4回も乗るのです。朝7時に飛び立って戻ってくるのが夕方6時くらい、そのうち観光はたったの3時間ほどです。

朝4時起床。お迎えの車がホテルまで来てくれるのが5時15分。準備をして少し時間があったので朝食を食べていこうかと、ツアーでもらったミールクーポンを持ってホテル1階の「THE CAFE」へ。こんな早朝でもカジノは賑わってるしカフェにもけっこう人がいる。ミールクーポンを渡しテーブルについて待っていたがなかなか食事を持ってこない。刻々と集合時間がせまってきて、もう食べるの無理かも…と諦めかけたところに持ってきてくれた。大きなお皿にスクランブルエッグとベーコンとポテト。おいしそうなんだけどでもほとんど時間がなく2~3分で大急ぎで口の中に詰め込んで、食べれなかったパンはナプキンに包んでバッグに入れ、チップをテーブルに置き大急ぎで出て行った。なんと慌ただしい日本人だこと
ロビーに行くとお迎えのおじさんがもう待っていてすぐにミニバスに乗りこんだ。バスに乗ると先客の外人さん4人が陽気に「Good morning!」と挨拶してくれた。外はまだ真っ暗。何個かホテルに寄ってお客さんをピックアップしてからノースラスベガス空港に向かった。バスの中は色んな国から来てるらしい外人さんばっかり。そしてみんな朝っぱらからかなりの大声でしゃべりまくってる。みなさんお元気ね。

朝が明けた頃にノースラスベガス空港に到着。

060304_0000.jpg
シーニック航空のロビー。
ここでツアー代金を支払った。受付にはちゃんと日本人の方がいて安心だった。

30分ほど待ち、いよいよ搭乗です。

060317_0000b.jpg
飛行機に乗る前に記念撮影。
強制的に撮影されてあとで希望者は購入できるというやつです。自分の写真を置いて帰るのもなんだし記念なのでちゃんと買ってきました。10ドルくらい。

060304_0003.jpg
空港にはちびっこい飛行機がたくさん並んでました。あんな小さい飛行機怖くて絶対乗れない!これから乗る19人乗りの飛行機でも怖いのに。

060304_0004.jpg
こちらがパイロットさん。ちょっと怒り顔だけどけっこう男前。あなたに全てがかかってるのですよ。よろしく頼みます!

遊覧飛行しながらグランドキャニオンを目指します。
動画で飛び立つところをご覧ください。
※エンジン音がうるさいです。




060305_0004.jpg
砂漠の中に整然と住宅地。プール付きのお家がたくさんありました。

060305_0012.jpg
眼下には大自然な景色が広がる。

060305_0010.jpg
ミード湖が見えてきました。琵琶湖の二倍ほどの大きさだそう。

060305_0015.jpg
デコボコがなんかすごいリアル

060305_0021.jpg
フーバーダム。空から見ると小さく見えるけど高さ221mの巨大ダム。

次回に続く→
2006/04/24 [Mon]

ラスベガス旅行[6] 2日目・GC行き機内

引き続き機内からの風景です。
左側1席、右側2席で私は右の窓側に座ってます。
心なしか左側から見える景色の方がキレイなんですけど。

060305_0027.jpg


060305_0028.jpg
雲海

060305_0031.jpg
コロラド川が見えました。

060305_0038.jpg
景色がそれっぽくなってキタ!

060305_0041.jpg
コロラド川ラフティングツアーも楽しそうだなぁ。

060305_0046.jpg
こっちはココニノ高原でしょうか。だだっ広い。

060305_0045.jpg

060305_0049.jpg

060305_0052.jpg
もうスゴイとしか言いようがありません。

でも・・・
けっこう機体が揺れてきてグロッキーになってしまいました
うー、気持ち悪い。急いで酔ってからでも効くという酔い止め薬を飲む。うううう…

060305_0054.jpg
無事にグランドキャニオン空港に到着しました。
1時間ちょっとの空の旅。
ふう、気分も良くなってきました。
さて、次はバスに乗っていよいよグランドキャニオンを見に行きます!

次回へ続く→
2006/04/24 [Mon]

ラスベガス旅行[7] 2日目・グランドキャニオン観光1

グランドキャニオン空港で飛行機を降りると日本人女性のガイドさんが待ってました。バスに乗り込み(フランス人9人と日本人6人)、ビューポイントに向かいます。ガイドさんと運転手さんが交互に日本語と英語でガイドしてくれるのですが、フランスの方達は英語わかるのかしら??

060305_0055.jpg
空港を出てすぐの道路。
こんなとこにもマクドナルドが。

すぐにグランドキャニオン国立公園に入る南口ゲートがありました。
グランドキャニオン国立公園は、数億年にもおよぶコロラド川の浸食と地層の隆起作用によって作り出された、全長約460㎞、深さ約1600mの大渓谷で、コロラド川を挟んで北側のノースリムと南側のサウスリムの二つのエリアに分かれます。今回私達が訪れたのはサウスリム(南壁)になります。標高は約2100m。富士山の五合目くらいです。

園内を走りビューポイントを目指します。今回は時間があまりないので残念ながら一箇所のポイントでしか見れません。でも途中マーサーポイント近くを通過するときに少し景色が見れました。

060305_0056.jpg
車窓から見たマーサーポイント
すごいすごい!

窓越しじゃなく早く生の景色を見たい~!と興奮してるところに、エルク(大鹿)の群れに遭遇しました!

060305_0057.jpg
悠々と道路を横断するエルク達。9頭いました。

060305_0059.jpg
ガイドさんいわく、こんなにたくさんのエルクに出遭うのは大変珍しいことだそうです。
ラッキー♪

060305_0061.jpg
ロッジなどが立ち並ぶ。

見学ポイントのあるグランドキャニオンビレッジに到着しバスを降りました。

060305_0094.jpg
ブライトエンジェルロッジ
ビレッジの中心に建つ1935年設立のロッジ。

早速ブライトエンジェルロッジ裏側の展望ポイントに行きました。

「おぉーーーーーー!!」
こんなに広大な自然の景色を見たのは初めてです。素晴らしい!

↓写真は上から順に、左から右への景色です。

060305_0068.jpg
左に見えるのはルックアウトスタジオ

060305_0092.jpg
向こう側はノースリム(北壁)

060305_0063.jpg
何段にも重なる地層がすごいです。

060305_0093.jpg
エルトヴァホテル
1905年創業で『全米で最も高価な山小屋』と言われたそうです。

次回へ続く→

 | HOME |  »

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。